【御嶽山】遺族が国と県を提訴・・・・・・?

死者58人、行方不明者5人を出した2014年9月27日の御嶽山(長野・岐阜県境)噴火で、気象庁が噴火警戒レベルの引き上げを怠ったなどとして、5遺族が25日午後、国と長野県に総額1億4000万円の損害賠償を求める訴訟を長野地裁松本支部に起こした。

弁護団などによると、御嶽山では噴火前の同月10日に52回、同11日に85回の火山性地震が観測された。原告側は、噴火警戒レベルを1(平常=当時)から2(火口周辺規制)に引き上げる基準とされる1日50回以上の火山性地震があったのに、気象庁が引き上げを怠ったと主張。火口周辺の立ち入りが規制されていれば、犠牲者が出ることはなかったと訴えている。

県については、山頂付近などに設置した地震計2カ所が13年から故障しているのを知りながら、放置していたと指摘。県と気象庁は、火山防災業務に活用するため地震計のデータを提供する協定を07年に結んでおり、精度の高いデータが同庁に提供されていれば、レベルを引き上げられたと主張している。

気象庁はこれまで、火山性微動や地殻変動が当時観測されなかったなどとして、総合的に判断してレベルの引き上げを見送ったと説明してきた。

弁護団事務局長の山下潤弁護士は「基準に該当しているのに警戒レベルを引き上げない判断が許されるなら、他の山でも同じことが繰り返される。引き上げに関してどういう議論が行われたのか検証したい」と話している。

引用元

んーーーーこれは違うよねーいくら学者とはいえ自然にはかなわないよ。これがもし出来るのであれば明日の天気予報が晴れなのに雨降ったらどうなるの?訴えれるのかな?警戒レベルを引き上げなかったのにも原因があるとは思うが活火山に登るということがまず自殺行為だと思いますね。見苦しいと言ったらあれですが最後は金目当てなのか?とも思ってしまう。

 

御嶽山噴火2014年9月27日

02

 

 

3

 

 

噴火時の映像

 

関連記事

コメントをお待ちしております

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)